無料メルマガ

このメルマガでは、パチンコ・スロット、ネットビジネスで

稼いでいく上で有益だと思える情報をいろいろ配信していきます。

 

また、メルマガに登録してくださった方に、

パチンコの日当をアップさせる効率の良い立ち回り方法

ネットビジネスを始める前に読んで欲しいこと

をプレゼント中です。

 

ご登録はこちらから(※は必須です。)

大当たり中のラウンド間止めと時短・確変中の止め打ち

この記事では大当たり中のラウンド間止めと

時短・確変中の止め打ちについてお話しします。

 

大当たり中のラウンド間止め

大当たり中のラウンド間止めとは、大当たり中の

ラウンドとラウンドの間の打ち出しをストップする打ち方のことです。

 

これは羽根物と大当たり消化が右打ちの機種で効果が大きいです。

 

1Rと2Rの間などのラウンド間はアタッカーが閉まってしまい、その間に

打った玉は無駄玉になってしまうので、ラウンド間は打ち出しを止めましょう。

 

時短・確変中の止め打ち

時短・確変中の止め打ちは、時短・確変中に玉を増やす、

もしくは玉の減りを抑えるために行う止め打ちです。

 

出玉を多くとれればボーダーラインは下がりますので、

時短・確変中の止め打ちは行いましょう。

 

時短・確変中の止め打ちの基本的な考え方は、

電チューが開いている時だけ玉を電チューに集めようというものです。

 

実際のやり方は機種によって違います。

 

慣れてくれば実際に打ちながら自分で研究するということもできますが、

インターネットで調べてしまうのが簡単です。

 

今は止め打ちのやり方をたくさんのサイトが紹介してくれていますので、

「機種名 止め打ち」と検索すれば、マイナーな機種以外は調べることができます。

無料メルマガ

このメルマガでは、パチンコ・スロット、ネットビジネスで

稼いでいく上で有益だと思える情報をいろいろ配信していきます。

 

また、メルマガに登録してくださった方に、

パチンコの日当をアップさせる効率の良い立ち回り方法

ネットビジネスを始める前に読んで欲しいこと

をプレゼント中です。

 

ご登録はこちらから(※は必須です。)

2 Responses to “大当たり中のラウンド間止めと時短・確変中の止め打ち”

  1. 栗之介 より:

    やまぽんさん
    お世話様です。

    やまぽんさんの稼働行動は地元?遠征もするのですか?

    僕は、サラパチなんで平日は通勤途中の各駅駅前店舗と休日は低換金郊外店舗が主です。

    • やまぽん やまぽん より:

      栗之介さん、お疲れ様です。
      お世話になっておりますm(__)m

      僕の場合は基本的に
      家から1時間以内くらいのお店を行動範囲にしています。

      現在は30分以内のところで打つことがほとんどですが、
      たまに1時間ちょっとかかるところに行ってみることもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ